innovation management

イノベーションマネージメントとは何ですか?

イノベーションマネージメントとは、組織が新しい製品、サービス、既存製品、ビジネスプロセスの改善のために使うシステマチックなプロセスのことです。優れたアイディアを、インパクトある、成功するプロジェクトへの動かすネットワークとは異なっています。ビジネスがイノベーションマネージメントを利用することで、製品開発、プロセス拡張、収益改善、予算管理、コスト削減、市民とのつながり、市場調査など、様々な目的に対応できます。

イノベーションマネージメントとはどのように動作するのですか?

 

イノベーションマネージメントは、組織の従業員外部のネットワークからクリエイティブなアイディアを募り、見込みのあるイノベーションからできる収益のパイプラインを市場へと素早く、効果的に広げていきます。これを実施するには、組織がアイディアを集めるだけでなく、アイディアをまとめて、足りないものを補い、議論を経ている必要があります。

最初に、組織が、ネットワークのメンバーが登録、アイディア共有を行うプラットフォームを公開するか、閉じるかを決めます。組織が、ソーシャルメディア、メール、イベントなどでサイトをプロモーションすることで、参加者が限界を超えていきます。ネットワークの人たちはアイディアを共有するだけでなく、他の人のアイディアにコメントしたり、投票したりできます。

価値あるアイディアを溜め込むと、有望なアイディアであることを示すフラグを立てる必要があります。一番投票を受けたもの、最も議論を引き起こしたもの、価値ある内容と評価されたもの、内容やタグで重要な内容に言及しているもの、といった様々な基準に従って最高のアイディアを評価することできます。

最も有望なアイディアはチームのエキスパートに送られ、組織の目的にあった提案に変換されます。この提案は、組織のリーダーたちにビジネスの目的ににあった重み付けで評価され、どのプロジェクトを進めるべきか判断され、実装に値するアイディアに優先度がつけられ、定量的なインパクトを評価されます。

アイディアスケールは、これにどう合わせるのですか?

シンプルなアイディアスケールのソリューションは、非営利、スモールビジネス、自治体、大企業と、どんな規模の会社にも合わせられ、ソフトウェアを離れることなしにイノベーションマネージメントのすべての側面を満たします。無料アカウントに登録しましょう。