米航空宇宙局(NASA)の火星プログラム検討グループ (MPPG) には、最終的に2030年 代に火星の軌道に人類を送るために、火星をロボット探査するプログラムを開発すると いう、原動力となる目的がありました。これは、宇宙旅行、地上での調査、鍵となるテ クノロジーなど、さまざまなイニシアティブへ投資することを意味します。

MPPGは、火星探査の進捗状況について一般人に関わってもらい、一般人に知らせる手 段を必要としていました。このプログラムが進行し、探査ローバー、キュリオシティの 着陸時期が近づくにつれて、MPPGはIdeaScaleテクノロジーを活用してアイデアフォー ラムを立ち上げました。このフォーラムでは、ユーザーは火星の探索について質問し、 関連するアイデアを出し合いました。

火星プログラム検討グループの進化した会話