ゲスト投稿

マインドマップがイノベーションを促進する7つの方法

イノベーションを起こすために、人々はさまざまなエクササイズを行っている。 しかし、マインドマップほど効果的なものはほとんどない。 マインドマップは、直感的な思考の構造を作り出し、チームが非常に消化しやすく、連続したフォーマットでシナリオをマッピングすることを可能にする。 この記事では、マインドマップとは何かを説明しながら、イノベーションを促進するための重要な方法について説明する。 マインドマップとイノベーションの促進についてもっと知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 デザイン思考. マインドマップがイノベーションを促進する7つの方法 本質的に視覚的連想を生み出す:マインドマップは本質的に視覚的なテンプレートである。 アイデアを視覚的に整理することは、それがどのように作用するかについて共通の理解を生み出す最良の方法である。 階層思考を可能にする:マインドマップのさまざまな階層は、確かな文脈と理解しやすい分岐を生み出す。 そのため、ソリューションのあらゆるレベルを一目で確認することができます。 あなたの脳に合わせる:マインドマップは、脳が自然に理解できる方法でブレインストーミングを構成する。 情報の革新と保持を支援します。 曖昧な説明は創造性を高める:関連付けを曖昧にすることで、マインドマップに自分の視点を持ち込むことができ、創造力を引き出すことができる。 より大きな文脈を含む:マインドマップを使えば、主要なコンセプトや問題をいつでも見直すことができる。 目標を見失わないようにすること。 クリエイティブ・ブロックを克服する:マインドマップは、アイデア発想のための文脈と明確な道筋を提供することで、一般的なイノベーションの障害を克服するのに役立つ。 瞬時に関係を結ぶ:自動的にアイデアを結びつけ、その関係を示す。 マインドマップとは何か? マインドマップによって定義される。 アイデアスケールホワイトボードマインドマップは、アイデアをわかりやすく、連続した構造に整理するのに役立つシンプルな視覚的ツールである。マインドマップは、さまざまなアイデアをとらえ、それらの関係を表示しながら、ごちゃごちゃせず、脳を混乱させない方法で整理するために使うことができる」。 マインドマップを使えば、自分の考えを整理したテンプレートを作り、論理的で理解しやすい方法で提示することができる。 それらは、ひとつのメインコンセプトにまとめられている。 第1レベルのアソシエーションを直接層とし、第2、第3、第4レベルのアソシエーションへと進む。 これらは、マインドマップの深さに応じて、続けることができる。 これらの連想は、それ以前に出てきたアイデアとつながり、相互に関連するノードの連続構造を形成する。 マインドマップのどの部分も、その前の部分と関連している。 そして、この関係を通じて、すべてがどのように組み合わされるかという明確な構造がある。 連想がまったく違う方向に向かったとしても、メインコンセプトとの間には明確な視覚的つながりがある。 マインドマップはまた、他のメモ取り戦略では苦労するようなさまざまなアイデアにも対応できる。 アイデアをバケツに整理することで、異なる思考回路の間に明確な関連性が生まれる。 そのため、アイデアの方向性がどこに向かおうとも、それがメインコンセプトとどのように関連しているのか、常に明確な軌跡をたどることができる。 さて、マインドマップがどのように機能するか、大まかな理解はできた。 イノベーションにとってそれらが重要である理由について説明しよう。 本質的に視覚的な関連性を扱う 通常のノートの取り方は、概念の関係を把握するために、多くの読書と分析を必要とする。 一方、マインドマップは、アイデアの網の目全体を一度に見ることができる。 すべてを同時に見ることで、それらが互いにどのように関連しているのかの理解が深まる。 また、マインドマップなしではわからないような、より創造的な連想も構築できる。 [...]