Rocky Lind, NASA情報コミュニケーションコーディネーター

「アイディアスケールのおかげで、Curiosityの着地を見ようと駆けつけた大勢の人たちが、火星の惑星調査の一部となることができました」