user feedbackユーザーフィードバックとは何ですか?

ユーザーフィードバックとは、ユーザーからの提案、アイディア、意見を集め、整理することです。そこで集められた情報は、製品ロードマップの開発、未来のビジネスのための調査といったことに使われます。また、政府や自治体の政策の市民からのフィードバックとしても使われます。このプラットフォームは、ユーザーフィードバックと公共政策のフィードバックの両方に使われます。ユーザーフィードバックは、ビジネスを変革し、イノベーションを起こし、改善するための最高の方法です。

アイディアスケールを使ってどうフィードバックを集めることができますか?

全てのビジネスサイドは、WebページのどこかにHTMLを追加してフォームを設置したがっています。そのフォームだと、一方的なフィードバックを求めることができます。しかし、ユーザーが反応するも無視するも自由な調査フォームを置く代わりに、アイディアスケールは、ウェブサイトにちょっとの時間で埋め込めるユーザーフィードバックコミュニティを作ることができます。これなら、特定の質問に返答するだけでなく、聞かれることを考えもしなかった質問に対して回答を得ることもできます。

このフォームは、クラウドソーシングを通じてフィードバックを集め、最初のアイディアに基づいて、組織の誰もがアイディアを作り、拡張することができます。アイディアが成長する一方で、様々な評価基準に従ってアイディアを順序付け、評価し、組織は実装された時に一体何が変化し、もっとも価値が出るのかを知ることができます。

しかし、最初のアイディアを集めると何が起きるのでしょうか? コミュニティメンバーは、投票したり、コメントしたり、タグ付けしたりして、様々な方法でアイディアを掘り出します。そのアイディアは、意思決定を行う人たちに提案を行うために、エキスパートで構成されたチームによりプランになり、改善されます。ステークホルダーは最後に残ったアイディアに、ビジンスの目標や基準を通して重み付けを行い、ビジネスや組織の未来を作るアイディアを見つけます。さあ、今すぐコミュニティを始めましょう。