効果的なプロダクトイノベーションマネージメントの有効性をめぐる研究は最近は非常に豊富にあります。2005年、industryweek.comは組織におけるイノベーションの効果に関する研究を行い、成長の74%は新製品もしくはイノベーションの努力の結果から得られることを発見した。これと、「最新研究により、新製品の商業化において、かなりの頻度で失敗することがわかっている」という事実が結びつけられ、新しい収益源を目指して企業をオープンイノベーションへと向かわせることになりました。

アイディアスケールのソリューションは、製品の新しいアイディアを探すことだけでなく、プロダクトイノベーションマネージメントに特化しており、単なるインスピレーションにすぎなかったこれらのアイディアをエクゼクティブが参加可能な、収益性のある、利益の出るプランへを変えていくお手伝いをします。

Scentsy_CoverScentsyがアイディアスケールを使ってどのようにプロダクトイノベーションマネージメントを行ったかを知ることができます。2014年のOpen Innovation Awardsでの詳細なケーススタディはこちらです。