open innovation softwareオープンイノベーションは、ビジネスの未来を育てる改善のアイディアや成長をネットワークに求めてる方法です。 

オープンイノベーションソフトウェアとは何ですか?

オープンイノベーションソフトウェアとは、ユーザーがアイディアを共有したり、他の人のアイディアに投票したり、プロセス、製品、マーケット、組織に影響を与える意思決定を行うためのデジタル環境を指します。アイディアスケールは、大企業、政府、非営利組織、大学、その他のオープンイノベーションを支援するソフトウェアです。オープンイノベーションソフトウェアの存在は、従業員、顧客、ステークホルダーがもはや専門分野に縛られず、組織のあり方を改善する議論を継続できるということを意味します。アイディアスケールのオープンイノベーションの役割は、産業、デバイス、ソフトウェアのいかんを問わず、デジタルなアイディア創出環境のバリアを引き下げるために作られています。このことで、イノベーションは、真にオープンなプロセスを歩むことができます。

アイディアスケールは、オープンイノベーションソフトウェアですか?

そうです。しかし、それ以上のものでもあります。一般の人にイノベーションプロセス、ディスカッション全体に参加してもらうだけでなく、一般の人やエキスパート取り前ぜて、次世代のビジネスを作るアイディアを見つけ出すためのコラボレーションができます。単一、もしくは複数のコミュニティでイノベーションを実施します。政府ですら、このアプローチを使っています。政府の上官が、このアプローチについて、「特定の人たちの一群に、ソリューションの提案を行ったり、フィーバックを作ったり、可能性のある解決策に投票してもらう。アイディアスケールは、連邦全体でこれを可能にする技術だ」と語ります

しかし、アイディアを投稿、共有を許可している場所では、オープンイノベーションが可能にすることの一部しか後悔していません。アイディアスケールには、アイディアの評価を行う、多くの意思決定マトリックスやツールがあり、これにより、アイディアの改善、修正、評価、時にはプロトタイプを行うことができます。プロセスはパブリック、プライベートに設定でき、組織が期待するコラボレーション対象を最大限参加させることができます。これは、組織の目標、プロセスに依存します。