優れたイノベーションをマネージメントプロセスを開始するということは、組織の性格に合わせたプロセスを見つけるということです。しかし、究極まで突き詰めると、want-find-get-manage(希望し、探し、見つけ、管理する)というイノベーションマネージメントプロセスに行き当たります。

一方、組織にあった、正しいイノベーションマネージメントメソッドを見つけることは、それ以上に複雑です。Gail MartinoとJohn Bartoloneは、「A Guide to Open innovation and Crowdsourcing」で「よくあるビジネスコンテストでは、経営層に評価されるために、参加者は情熱を感じるアイディアのビジネスプランを用意します。経営層は事前に決められた評価軸を使って提案を評価し、選び、賞を与える」と述べています。

アイディアスケールでは、このプロセスを正確にマッピングしたステージを使います。これにより、評価軸を設定したステージでアイディアを評価するための運営チームを作ることができます。レビューのステージでは、実現に値する最高のアイディアを選び出し、実装のための関連するビジネスユニットにアイディアを手渡します。

アイディアスケールのイノベーションマネージメントプロセスについてさらに詳しい情報を入手するには、イノベーションスターターキットをダウンロードしてください