crowdsourcingクラウドソーシングとは何ですか?

クラウドソーシングは、従来の従業員、契約社員による仕事を、公募で集められた大規模な、事前に定義されていないコミュニティにアウトソーシングする活動のことです。ユーザー(“クラウド”)は、オンラインコミュニティに参加して、ソリューションを提案します。また、ソリューションを並べて、その中から最高のものを探します。こうした最高のソリューションは、問題を投げかけた組織のものとなり、代わりにそれを提案した個人には褒賞が与えられます。いくつかのケースでは、この参加者は、賞や認知されることにより、金銭的なボーナスをもらったりもします。他の場合は、褒賞は個人的な満足になることもあります。クラウドソーシングは、別々の時間で働くアマチュア、ボランティア、段階的にまだ知られていない組織のエキスパート小規模企業から、ソリューションを生み出します。

アイディアスケールでクラウドソーシングが可能ですか?

アイディアスケールを使って、素早く簡単に自身のクラウドソーシングコミュニティを作ることができます。様々なソリューションの投稿や検討が可能で、自然と一番のアイディアが浮かび上がってくる、すぐに使えるソリューションになっています。

アイディアスケールは、有望なアイディアを集めるためのクラウドソーシングのフロンドエンドですが、ステークホルダーや管理者を助けるための無数のバックエンドの機能を持ち、これにより一般から集めらたアイディアをビジネス、教育、自治体で生かすことができます。

アイディアスケールは、新製品開発、製品改善プログラム、コスト削減アイディア、市民との繋がり作り、市民ジャーナリズムプログラム、顧客フィードバック、課題解決といった様々な目的に対するアイディアを一般から集めるために使われます。アイディアスケールをどう使うかは、クラウドソーシングを使って実施したい目的や作業次第です。