product development collaboration

開発プロセスに顧客を参加させることは、もはや戦略の一つといったものではありません。実際、2014年2月に行われたプレゼンテーションで、Herman Woriesはイノベーションの役割について、こう述べています。「イノベーションはもはや競争的なアドバンテージではない。競争に必要なものだ。常に勝つためには、継続的にイノベーションを起こさないといけない」。顧客(とイノベーション企業の従業員)は、自分たちの意見やフィードバックが、気に入っている製品やサービスの未来に一定の役割を果たすことを期待するようになっています。アイディアスケールは、製品共同開発プロセスを支援するコラボレーションツールです

製品共同開発はどのように機能するのか?

アイディアスケールの顧客は、従業員、顧客中にはステークホルダーや他の大規模グループと共同開発するなど、様々に実践しています。アイディア、フィードバック、発想、提案を求めることで、製品共同開発のチームはプロダクトロードマップを作るための製品データを集めます。そのデータはタグやキャンペーン、コメントや投票、改善、調査のステージでエキスパートの意見などで整理されます。その後、製品開発チームがアイディアを実現するための準備をします。アイディアスケールの機能により、各ステージで一般の人を参加させることができるので、様々なコラボレーションが、イノベーションライフサイクル全体で可能になっています。

一般の人と共同開発するさらなる利点は、組織が利用可能なリソースをどんどん増加させることができるので、極限まで研究開発のコストを極限まで下げられることです。各人が製品のクオリティに責任を持つため、チームが改善に注意を注ぎ、製品のリリースで改善をアピールすることができます。時間が経つにつれて、参加者全体が製品のエキスパートになっていきます。

どんな機能や改善点が、ネットワークに気に入られるか探し、チームが開発する機能を投票で順位づけてみましょう。