IDEASCALE BLOG

イノベーションマネージメント

製品開発コラボレーション

開発プロセスに顧客を参加させることは、もはや戦略の一つといったものではありません。実際、2014年2月に行われたプレゼンテーションで、Herman Woriesはイノベーションの役割について、こう述べています。「イノベーションはもはや競争的なアドバンテージではない。競争に必要なものだ。常に勝つためには、継続的にイノベーションを起こさないといけない」。顧客(とイノベーション企業の従業員)は、自分たちの意見やフィードバックが、気に入っている製品やサービスの未来に一定の役割を果たすことを期待するようになっています。アイディアスケールは、製品共同開発プロセスを支援するコラボレーションツールです。 製品共同開発はどのように機能するのか? アイディアスケールの顧客は、従業員、顧客中にはステークホルダーや他の大規模グループと共同開発するなど、様々に実践しています。アイディア、フィードバック、発想、提案を求めることで、製品共同開発のチームはプロダクトロードマップを作るための製品データを集めます。そのデータはタグやキャンペーン、コメントや投票、改善、調査のステージでエキスパートの意見などで整理されます。その後、製品開発チームがアイディアを実現するための準備をします。アイディアスケールの機能により、各ステージで一般の人を参加させることができるので、様々なコラボレーションが、イノベーションライフサイクル全体で可能になっています。 一般の人と共同開発するさらなる利点は、組織が利用可能なリソースをどんどん増加させることができるので、極限まで研究開発のコストを極限まで下げられることです。各人が製品のクオリティに責任を持つため、チームが改善に注意を注ぎ、製品のリリースで改善をアピールすることができます。時間が経つにつれて、参加者全体が製品のエキスパートになっていきます。 どんな機能や改善点が、ネットワークに気に入られるか探し、チームが開発する機能を投票で順位づけてみましょう。  

イノベーションマネージメントの定義

イノベーションマネージメントの定義は様々ですが、一番よく知られているのは、ヘンリー・チェスブロウによるものです。イノベーションマネージメントは、イノベーションのために有望な新しいアイディアを集め、改善し、実装するプログラムの仕組み、もしくはその管理を指します。製品やサービスの仕組み、もしくはビジネスや公共の領域で起きることです。 アイディアがどのように編集されていくかという戦略のプロセスがあってこそアイディアマネージメントは始まります。それは、実装に足る最高のアイディアをとらえ、改善し、選択するプロセスへの進んでいきます。最高のイノベーションマネージメントプログラムは、組織のイノベーションポートフォリオとなるアイディアの塊をとらえ、メンテナンスする方法でもあります。 イノベーションをについてさらに学ぶために、イノベーションスターターキットをダウンロードしましょう。イノベーションマネージメント、オープンイノベーション、アイディアマネージメントなどを学ぶことができます。

プロダクトイノベーションマネージメント

効果的なプロダクトイノベーションマネージメントの有効性をめぐる研究は最近は非常に豊富にあります。2005年、industryweek.comは組織におけるイノベーションの効果に関する研究を行い、成長の74%は新製品もしくはイノベーションの努力の結果から得られることを発見した。これと、「最新研究により、新製品の商業化において、かなりの頻度で失敗することがわかっている」という事実が結びつけられ、新しい収益源を目指して企業をオープンイノベーションへと向かわせることになりました。 アイディアスケールのソリューションは、製品の新しいアイディアを探すことだけでなく、プロダクトイノベーションマネージメントに特化しており、単なるインスピレーションにすぎなかったこれらのアイディアをエクゼクティブが参加可能な、収益性のある、利益の出るプランへを変えていくお手伝いをします。 Scentsyがアイディアスケールを使ってどのようにプロダクトイノベーションマネージメントを行ったかを知ることができます。2014年のOpen Innovation Awardsでの詳細なケーススタディはこちらです。  

イノベーションマネージメントプロセス

優れたイノベーションをマネージメントプロセスを開始するということは、組織の性格に合わせたプロセスを見つけるということです。しかし、究極まで突き詰めると、want-find-get-manage(希望し、探し、見つけ、管理する)というイノベーションマネージメントプロセスに行き当たります。 一方、組織にあった、正しいイノベーションマネージメントメソッドを見つけることは、それ以上に複雑です。Gail MartinoとJohn Bartoloneは、「A Guide to Open innovation and Crowdsourcing」で「よくあるビジネスコンテストでは、経営層に評価されるために、参加者は情熱を感じるアイディアのビジネスプランを用意します。経営層は事前に決められた評価軸を使って提案を評価し、選び、賞を与える」と述べています。 アイディアスケールでは、このプロセスを正確にマッピングしたステージを使います。これにより、評価軸を設定したステージでアイディアを評価するための運営チームを作ることができます。レビューのステージでは、実現に値する最高のアイディアを選び出し、実装のための関連するビジネスユニットにアイディアを手渡します。 アイディアスケールのイノベーションマネージメントプロセスについてさらに詳しい情報を入手するには、イノベーションスターターキットをダウンロードしてください。

イノベーションリーダーシップ

イノベーションリーダーシップを主要な要素には、従業員がネットワークを通じてユニークなアイディア、新製品(もしくは既存製品のブラッシュアップ)、サービス改善、プログラム効果向上を促進する仕組み作りに関する様々なものがあります。 「A Guide to Open Innovation and Crowdsourcing」でGail MartinoとJohn Bartoloneはオープンイノベーションのリーダーシップには、他のリーダーと隔てるいくつかの主要な点があると述べています。「オープンイノベーションのプロフェッショナルは貴重な存在です。部分的には起業家であり、一方で取引を行い、アライアンスのマネージをして、プロジェクトのマネージャーも兼務します」これらの特性は、従業員にアイディアの共有させるだけでなく、コラボレーション、発見、実験を促します(必要があれば学習し、失敗する自由があるからです)。 アイディアスケールのイノベーションマネージメントプロセスについてさらに詳しい情報を入手するには、イノベーションスターターキットをダウンロードしてください。